ロレックスファン必見!ロレックスの歴史に迫る!

ロレックスに詳しい方でも歴史まで知っている方は少ないと思います。いつどのようにして生まれたのか?どうしてここまで有名になれたのか?などロレックスの歴史を知って、このブランドの持つ魅力を再確認してみてはいかがでしょうか。

ロレックスの始まり

1905年にハンス・ウイルスドルフ(当時24歳)がロンドンに時計会社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立しました。この会社がロレックスの始まりです。当初は時計輸入ビジネスを行っていましたが、腕時計に将来性を感じ、1907年にスイスに事務所を移転して腕時計の製造を始めます。翌年1908年に「ROLEX」が商標登録され、2年後の1910年に世界で初めて腕時計でクロノメーターの公式証明書を取得しました。これを機にロレックスの腕時計が有名になっていったのです。クロノメーターの認定を受けられたのもロレックスがクロノメーター精度をとことん追求したからです。このこだわりは現在でも受け継がれています。
さらに1914年にイギリスにあるキュー天文台から腕時計として初めてA級証明書が与えられ、ますますロレックスの知名度が高まっていくことになります。その後、1919年にロンドンからスイスのジュネーブに本社を移転します。

世界初の防水腕時計を開発

1926年にロレックスは世界初の防水腕時計「ロレックスオイスター」を開発し、オイスターケースの特許を取得します。今でこそ防水機能は物珍しくありませんが、当時としては非常に画期的でした。1927年にロンドンの速記者であるメルセデス・グライツ嬢がロレックスの時計をつけて、ドーバー海峡を泳いで横断しました。この成功により、ロレックスの知名度がさらにアップし、ロレックスの持つ防水機能が広く知られるようになります。
1931年には世界初のローターが360度回転する自動巻き機構パーペチュアルが生まれました。パーペチュアルはロレックス3大発明のひとつだといわれています。この発明があったからこそ、現代の時計があるといっても過言ではありません。そのくらい腕時計業界に大きな影響を与えています。
1945年に日付をダイヤルの小窓に表示し、深夜12時になると自動で日付が切り替わるデイトジャストが開発されました。この機能もロレックスが世界初です。その後もロレックスの進化は止まらず、雪山・深海など過酷な環境でも使用できるエクスプローラーやサブマリーナー、ミルガウスといったプロフェッショナルウォッチが1950年代に作られました。それからも1983年にGMTマスターII、1988年にオイスター・コスモグラフ・デイトナ、1992年にヨットマスターなどが発売され、2000年に突入します。

2000年以降のロレックス

2000年を節目にデイトナがリニューアルされ、カラーデイトナが登場します。2003年にサブマリーナ誕生50周年を記念して緑のベゼルで知られるグリーンサブが発表されました。その後も2008年にシードゥエラーディープシー、2009年にデイジャストIIが発売され、2010年にエクスプローラーI・サブマリーナ・グリーンサブの3つのモデルチェンジが行われました。現在も新モデルの発表やモデルチェンジが行われており、ロレックスは今もなお進化を続けています。

ロレックス売却ガイド TOPへ