人気のロレックスランキング

高級時計ブランドといえばロレックス。

こう言われる程に世界中の時計ファンを魅了し続けているのがロレックスではないでしょうか。その人気は衰えることを知らず、時計中古市場においても常に安定した水準で需要があるため、どこの業者にとってみてもロレックスの買取には力を入れているのが現状なのです。

数々の人間を虜にしているロレックスだけに、時計買取専門の業者では、ロレックスを専門に鑑定する場所もあるほどの加熱振りであると言えるのです。

さて、このロレックスはスイスの時計メーカーで1905年にロンドンで生まれました。

初期の頃はイギリスでの展開だったのですが、関税などの問題があり結果的にスイスに拠点を移してメーカー化していきます。

ロレックスが世界に名を轟かすキッカケになったのは、当時、懐中時計が主流だったにも関わらず、早い段階から腕時計という利便性と機能性を併せ持つスタイルに注目していったことに始まります。 そのため、防水性を意識したオイスターケースを開発し実用化し話題になります。

その他でも、パーペチュアル機構にデイジャスト機構など、今まで時計になかった機能をふんだんに盛り込んだ機能的なモデルを次々に生み出しており、クロノメーターの認定を何と機械式時計のメーカーとしては始めて受け、現在の地位に登り詰めたということなのです。

そんなロレックスですが、実に様々なモデルを変わり代わり発表し、その人気も幅広く分かれています。

買取市場においても、その人気というのは分散しており、価格もその人気に応じて変化をしている現状があります。

まず、ロレックスの基本的なモデルとしてはドレス式オイスターモデルと呼ばれている「バブルバック・カバード・バイスロイ・プレシジョン・デイトジャスト・デイデイト」などがあります。 さらに、その機能性をフル活用して作られるスポーツ系のオイスターモデルでは「エクスプローラー・サブマリーナ・ディープシー・GMTマスター・ヨットマスター」などです。 ノンオイスターモデルもあり「プリンセス・チェリー二・カメレオン」も人気です。

このようなモデルがあるロレックスの、時計買取市場での人気は買取業者の各社でランキングで掲載されています。

スポーツ系のモデルでの人気は「デイトナ」ブラックダイヤルが特にシックで人気を集めます。

スタンダードのモデルでは「デイジャスト」。

男女問わず、その美しいシルバーダイヤルに人気が集中しています。

また、ロレックスの買取ではアンティークも人気で「デイトナ・サブマリーナ」に人気が集まっているようです。

そして、年代別に見ると20代が「エクスプローラー」。

30代が「サブマリーナ」。40代は「デイトナ」と、年齢が上がるにつれ、デザイン性・機能性を求める傾向になっている印象です。 もちろん、ロレックスの時計買取においては、レディースも需要が多くあります。

レディースでの人気では20代が「デイジャスト」のブラックローマ。30代が「デイジャスト」のシルバー10pダイヤ。40代が「デイジャスト」のチョコレートローマとなっています。

全体的にデイジャストがランキンの上位には食い込んでおり、シャンパンやピンクシェルにシルバーとより女性らしさを感じられるデザインに人気が集中していることが挙げられます。

ロレックスの買取市場でのランキングとしてを全体的に総括すると、コスモグラフデイトナにエクスプローラー、デイジャストにサブマリーナデイトなど定番のモデルの機能違いなどで変化が見られますが、比較的スポーツラインがランキング上位にい食い込み、ロレックスの買取市場を席巻している雰囲気が見られます。

まだまだ、時計中古市場で勢いを見せているロレックス買取。これからも目が離せない存在になっていきそうです。